わけありリンゴを有効活用!「アップルシナモンエール」今年も期間限定で登場

地ビールの製造・販売を行う「サンクトガーレン」では、長野県伊那市の“傷リンゴ”を活用したビール「アップルシナモンエール」を2021年9月24日(金)から秋冬限定で販売します。

アップルシナモンエール
created by Rinker

長野県伊那市の“傷リンゴ”を有効活用

このビールは厚木市内の製パン店のオーブンを借り、500個のリンゴを焼くところからスタートします。

その様子はビール造りというより、まるでお菓子づくり。1日かけてリンゴを焼き、翌1日かけてビールを仕込んでいます。

ベースのビールは軽く焦がした麦芽(モルト) “カラメルモルト”を特徴的に使用した琥珀色のビールです。

このモルトはカラメルソースのような甘く香ばしい味。焼きリンゴの風味と相まって、アップルパイのような味わいのビールになっています。

アップルシナモンエールに使用しているリンゴは長野県伊那市の“傷リンゴ”です。

風に揺られ枝と擦れて傷や割れがあったり、色や形(サイズ)にバラつきがあるなど、通常品としては売り物にならない果実を買い取ってビールに加工しています。

台風が直撃した年には、その被害にあった果実も活用してきました。

関係者の話では、こういった傷リンゴは収穫量全体の3分の1量にもなると言います。これらを加工品に有効活用することで食品ロス削減につながり、SDGs達成に貢献しています。

1回の仕込みに使用しているのは約500個のリンゴで、1シーズンで2500~3000個のリンゴを使う見込みだそう。

9月はつがる、 10月はジョナゴールド・紅玉・シナノスイート 、11月はふじ、と季節の移ろいとともに旬の品種を使っているとのことです。

9月24日~10月末までは、ラベルのリンゴ部分がジャック・オー・ランタンになったハロウィンラベルのバージョンも販売します。

実際に飲んでみました

2020年も同様に販売していた「アップルシナモンエール」。藤沢駅直結のクイーンズ伊勢丹で購入して実際に飲んでみました。

この時期にぴったりの、ハロウィン仕様のラベルです。

「アップルパイのような…」とあったので甘いのかと思いきや、シナモンの香りが強くて、どちらかというとスパイシー。

りんごの風味も相まって、ビアカクテルのような風合いです。ほかでは味わえない独特なクラフトビールだと思いました。

アップルシナモンエール
created by Rinker

アップルシナモンエール(発泡酒)
発売日:2021年9月24日(金)~秋冬限定
瓶内容量:330ml
希望小売価格:506円(税込)
販売場所:オンラインショップ、一部百貨店お酒売り場など
公式サイトhttps://www.sanktgallenbrewery.com/apple-cinamone-ale/

※このビールには日本の酒税法で認められている以上の量のリンゴを使用しているため“発泡酒”表記です。麦芽率は高いので税率はビールと同じです。

情報・画像引用元:PR TIMES

タイトルとURLをコピーしました