サンクトガーレン、焼きリンゴを使用したアップルパイビール「アップルシナモンエール」 発売!

サンクトガーレンでは、500個の焼きリンゴを使ったアップルパイ風味のビール「アップルシナモンエール」を2020年9月24日(木)より秋冬限定で販売します。

このビールは厚木市内の製パン店のオーブンを借り、500個のリンゴを焼くところからスタートします。

その様子はビール造りというより、まるでお菓子づくり。1日かけてリンゴを焼き、翌1日かけてビールを仕込んでいます。

ベースのビールは軽く焦がした麦芽(モルト) “カラメルモルト”を特徴的に使用した琥珀色のビールです。

このモルトはカラメルソースのような甘く香ばしい味。焼きリンゴの風味と相まって、アップルパイのような味わいのビールになっています。

また、アップルシナモンエールに使用しているのは長野県伊那市の訳ありリンゴです。

表皮に傷がついてしまったり、大きさが規格外のものなど通常では売り物にならない果実を買い取ってビールに加工しています。

1回の仕込みに使用しているのは約500個のリンゴで、1シーズンで2500~3000個のリンゴを使う見込みです。

9月はつがる、 10月はジョナゴールド・紅玉・シナノスイート 、11月はふじ、と季節の移ろいとともに旬の品種を使っています。

9月24日~10月末までは、ラベルのリンゴ部分がジャック・オー・ランタンになったハロウィンラベルのバージョンも販売します。

アップルシナモンエール(発泡酒)
発売日:2020年9月24日(木)~秋冬限定
瓶内容量:330ml
希望小売価格:460円(税抜)
販売場所:オンラインショップ、京王百貨店 新宿店、信濃屋食品(一部除く)など
藤沢市ではクイーンズ伊勢丹 藤沢店で販売。
公式サイトhttps://www.sanktgallenbrewery.com/apple-cinamone-ale/

※このビールには日本の酒税法で認められている以上の量のリンゴを使用しているため“発泡酒”表記です。麦芽率は高いので税率はビールと同じです。

情報・画像引用元:PR TIMES

コメント

タイトルとURLをコピーしました