茅ヶ崎に活気を!飲食業界の復興と街おこしの両方を叶えるクラウドファンディングが9/12スタート

茅ヶ崎の松尾建設は、コロナ禍に於ける飲食業界の復興と茅ヶ崎の街おこしの両方を叶えるクラウドファンディングを、9月12日より開始する事を発表しました。

今回のクラウドファンディングでは、松尾建設が7年に渡り開催しつづけてきた「茅ヶ崎ストーリーマルシェ」を活かし、飲食業界の復興、コロナ禍における新規出店の応援、最新トレーラーハウスを活かした街おこしにより、茅ヶ崎へ人々の賑わいを取りもどす事を目指します。

「茅ヶ崎ストーリーマルシェ」は茅ヶ崎駅から徒歩10分、駅から海岸に向かって走る通りの一角にて、2ヶ月に一度開催する朝市です。

2013年7月の開始以来、県内外問わず多くの来場者で賑わい、開催回数は41回にのぼっています。

「規模は大きくなくとも、みんなの笑顔と会話が楽しめる場所にー」との思いで開催し続けてきた「茅ヶ崎ストーリーマルシェ」も、新型コロナウイルスの影響により開催中止に。

マルシェへの賑わいがなくなっただけでなく、休業店舗が増えたことで、茅ヶ崎の街に活気がなくなってしまいました。

そこで「茅ヶ崎を昔みたいに賑やかな場所にできないか」「以前のような人々の賑わう場所に戻したい」と考え、今回のクラウドファンディングをスタートさせるに至りました。

クラウドファンディングで実現したいのは以下の4つ。

1.コロナ禍の新チャレンジを応援!トライアルキッチン (出店希望者向け)

コロナ禍でマルシェ出店を断念した方や、飲食店の出店を将来的に目指している方などを対象に、環境の整ったキッチンを実践の場として使ってもらう「トライアルキッチン」。

キッチン機能を強化したトレーラー型のキッチンハウスは、業務用の冷凍冷蔵庫、ガス、調理器具などが完備されており、更にチャレンジしやすいよう、光熱費や売上のフィーは一切取らない仕組みです。

2.県外からの参加も可能!キッチンカー出店場所の提供(キッチンカー所有者向け)

「茅ヶ崎ストーリーマルシェ」の開催地を「キッチンカー出店の場」として解放。こちらも、設置費用のみで売上フィーは不要です。

この取り組みは、すでにキッチンカーやマルシェでの販売経験がある方のみとなっています。

3.最新トレーラーハウスで茅ヶ崎を味わおう!(一般来場者向け)

現在開発中の最新トレーラーハウスは、およそ8畳のトレーラー内に、簡易キッチンやトイレ、シャワー、ダイニングテーブル、空調などが完備されており、快適に過ごすことができます。

飲食物の持ち込みは自由。茅ヶ崎で買った食材で料理を楽しんだり、併設のトライアルキッチンで美味しい食事を調達したりと、仲間と自由に快適に使える場所として利用できます。

4.お得に茅ヶ崎を楽しもう!クラウドファンディング支援者特典(一般来場者向け)

よりたくさんの方に足を運んでもらうため、お得にお買い物ができる「割引チケット」を用意しました。
※有効期限:2020年11月〜2021年5月(年末年始除く)

クラウドファンディング実施スケジュール
支援受付期間:2020年9月12日(土)〜2020年11月14日(土)
募集方式:All-in方式。
(目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届け。)
クラウドファンディングページ:CAMPFIRE

画像・情報引用元:PR TIMES

コメント

タイトルとURLをコピーしました