えのすいにカワウソが仲間入り!カピバラとお魚にエサやり体験もしてきた

新江ノ島水族館カワウソ

新江ノ島水族館(えのすい)では、2018年3月にカワウソが、7月にはカピバラの展示がスタート。

カピバラやお魚にエサやりができるコーナーも新たに追加され、新たな癒しスポットとして人気が出ています。

今回は実際に行ってきて、エサやりも体験してきたのでご紹介。動物好きなお子さん(もちろん大人も!)にはかなりおすすめです。

仲良しの兄弟カワウソが可愛い!

新江ノ島水族館に来たのは4頭のコツメカワウソで、名前は公募で決められた「ミサキ」「ヨモギ」「ミヤマ」「ヤマト」。ミヤマとヤマトは兄弟だそうです。

展示スペースには小川をイメージした水流や岩盤などが設置されていて自然に近い雰囲気。

新江ノ島水族館カワウソ

昼間のカワウソたちは寝てることが多いですが、1日に数回実施されるエサやりタイムを狙っていくと、活発な姿が見られます。

カピバラのもぐもぐに癒される

えのすい

カピバラには、有料のエサを買って食べさせることができます。

手を出すとガブリとされてしまうので、トングは必須。モグモグ食べる姿はかわいくて、とても癒されます。

なんで水族館にカピバラ?と思うのですが、もともとカピバラは水辺の動物だからだそう。よく見ると足に水かきもついていますよ。

さかなのもぐもぐプールでエサやり

カピバラの近くには、さかなのもぐもぐプールも新設されていました。

ここにいるのはコイなどの川魚。せっかくなのでこちらもエサやりしてみました。

鯉にエサをやったことがある方はわかると思うのですが、すごい勢いで魚が顔を出して寄ってきます。

エサはそのまま撒くか、手に握って水の中であげる方法も書いてありましたが、結構怖くて手を入れるのは勇気がいるかも(笑)

タッチプールや学習コーナー、工作のワークショップも

また、タッチプールでは小さな魚やナマコなどをさわることができます。

新江ノ島水族館カワウソ

ただし、休日はとても混雑するため、なかなかゆっくりさわることは難しいです。それでも子ども達はとても楽しんでいました。

また、海について学べるちょっとした学習コーナーや、工作ができるスペースもあり、小学生ぐらいでも楽しめると思います。

工作などのワークショップは、材料費だけで予約なしで参加できるものもあるので、思い出作りにもおすすめです。

▼スケジュールはこちらから確認できます。
参考体験学習プログラム | 新江ノ島水族館

また、お得な割引クーポンや駐車場、ランチスポット情報などはこちらの記事にまとめています。

新江ノ島水族館
住所:神奈川県藤沢市片瀬海岸2-19-1
営業時間:
[3月〜11月]9時〜17時(最終入場16時)
[12月〜2月]10時〜17時(最終入場16時)
公式サイト:新江ノ島水族館

コメント

タイトルとURLをコピーしました