2019年夏のえのすいは五感で楽しむ幻想的な空間に。「えのすいワンダーアクアリウム 2019」

えのすいワンダーアクアリウム 2019 ~美しい水族館~ヒカリノエノスイ イベントニュース

毎年夏に行われる新江ノ島水族館のイベント「えのすいワンダーアクアリウム」。

今年は、海の光る生き物に着想を得た、昼/夜で変化する“光”の演出をテーマに「えのすいワンダーアクアリウム 2019 ~美しい水族館~ヒカリノエノスイ」が開催されます。

「えのすいワンダーアクアリウム 2019」について

えのすいワンダーアクアリウム 2019 ~美しい水族館~ヒカリノエノスイ

えのすいワンダーアクアリウム 2019 ~美しい水族館~ヒカリノエノスイ
開催期間:2019年7月13日(土)~8月31日(土)
開催時間:[Day]9:00~16:00/[Night]16:00~20:00
※8月10日~8月18日は8:00スタート
場所:新江ノ島水族館 館内各所
神奈川県藤沢市片瀬海岸2-19-1
イベント情報URL: https://www.enosui.com/evententry.php?eid=01643

イベントの見どころ

ヒカリをテーマとしたこのイベントは、光るクラゲをイメージしてデザインされた装飾や、レース素材をモチーフに海の生き物たちを表現したオブジェ「レースフィッシュ」など、海の光る生き物たちの繊細な美しさに着想を得た館内空間が見どころです。

音や光、香りを用いた五感で楽しめる内容も特徴で、昼間の“Day”と16時以降の“Night”、ふたつの時間帯によって異なる演出を楽しめます。

館内オリジナルオブジェ「レースフィッシュ」

えのすいワンダーアクアリウム 2019 ~美しい水族館~ヒカリノエノスイ

イベント開催期間中、ヒカリノエノスイのためだけにデザインした海の生き物たちのオブジェ「レースフィッシュ」が館内各所に登場します。

海の生き物たちの繊細な美しさを表すため、レース素材をモチーフに様々な生き物たちを表現。真っ白なオブジェたちは光の演出によって美しく照らされ、色あざやかに変化するのが特徴です。

水族館で世界初導入「FreFlow(R)」による参加型演出

えのすいワンダーアクアリウム 2019 ~美しい水族館~ヒカリノエノスイ

16時以降の“Night”の時間帯、館内のエリアによって光が変化する無線制御機能付きLEDライトシステム「FreFlow(R)(フリフラ)」を用いた光イベントを実施します。

※参加費1,000円(光るドリンク付き。200円は保証金としてフリフラ返却時に返金されます。)

※フリフラはお持ち帰りできません。

FreFlow(R)(フリフラ)とは…

ソニーエンジニアリングとソニー・ミュージックソリューションズが共同開発した次世代LEDライトシステム。ライブやコンサートでお客さまが持つLEDライトを無線で一斉制御。舞台演出のなかに組み込むことで、お客さまとライブの一体感を創出します。

洗練された空間に進化する「オーシャンデッキ」

えのすいワンダーアクアリウム 2019 ~美しい水族館~ヒカリノエノスイ

目の前に相模湾と江の島を望むオーシャンデッキも、洗練されたヒカリノエノスイのコンテンツとして進化します。

江の島の夜景が美しいNightタイムには、最高のロケーションを見渡しながらイベントにちなんだ期間限定ドリンクも提供。光るカクテルとともに、贅沢な大人のひとときを過ごせます。

ベルベッタ・デザイン代表 長谷川喜美プロデュース

えのすいワンダーアクアリウム 2019 ~美しい水族館~ヒカリノエノスイ

今回のイベントを手がけたのは、ベルベッタ・デザイン代表の長谷川喜美(はせがわ きみ) 氏。

代表作として、善光寺「開花-Blooming moment-」、日本橋「桜フェスティバル」、丸の内「Marunouchi Bright Christmas 2018」、表参道イルミネーション等の大型複合施設の冬期装飾や空間演出など、多岐にわたる活躍をしています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました