鎌倉で作られる、湘南っぽデザインのiPhoneケースがオシャレ!

北鎌倉の住宅街に構える「KIBACOWORKS」は、中学の同級生であるデザイナーとサーファーの二人によって設立された小さな工房です。

デザインや加工まですべて手作りで、ウッドやバンブーといった自然素材を使ったiPhoneケースを販売。地元のフェス(GREENROOM)では毎年行列ができるほどの人気を誇ります。

公式サイトKIBACOWORKS

木目が透ける美しいiPhoneケース

▶︎LIVE IN THE SUNSHINE

木のiPhoneケースは、鮮やかなフルカラープリントにうっすらと木目が浮かぶデザイン。

側面は丈夫で弾力があるTPU素材(ウレタンゴム)を使用し、iPhoneをしっかりと守ります。

パッケージも木製で、一般的なパッケージに比べてプラスチックの使用を減らしているのだそう。

名入れにも対応

▶︎名入れバンブーケース ブラック

また、一部のケースは名前入れも可能。ギフトやペアグッズとして人気なのだそう。

名前だけでなく、自分だけの特別なメッセージや記念日を入れても素敵ですね。

iPhoneケース以外のアイテムも

▶︎名入れバンブーキータグ

iPhoneケースのほか、モーテルキーを模したバンブーキータグや、Tシャツなどの様々な商品を販売しています。

名入れグッズはプレゼントにも喜ばれそう。サーフ、スケート、アート、ミュージックなど様々なカルチャーへの愛情がある二人だからこそ生まれるデザインです。

公式サイトKIBACOWORKS

タイトルとURLをコピーしました