手切りゴールデンパインをたっぷり使った「パイナップルエール」が夏季限定発売!

グルメニュース

神奈川県の地ビール蔵「サンクトガーレン」では、2019年4月25日(木)よりゴールデンパインを使用したフルーツビール「パイナップルエール」を9月末までの夏季限定で発売します。手切りにこだわったパインをたっぷり使った、フルーティなビールです。

サンクトガーレン「パイナップルエール」について

使用しているのはデルモンテの管理農園で栽培され、横浜の工場で手切りされたゴールデンパインです。

デルモンテでは果実にストレスを与えない手切りラインが中心となっており、果汁も香りもロスの無い果実をビールに使うことが出来ます。

1回の仕込みには約600kgものゴールデンパインを使用します。

果実はビールが発酵する前の麦汁(ばくじゅう)に投入。果実と麦汁の糖分を一緒に発酵させることで、泡までほんのり甘いパイナップル風味を感じることが出来るビールになっています。

今年はベースのビアスタイルをアメリカンペールエールから、Brut IPA(ブリュットアイピーエー)にリニューアル。
ブリュット(辛口)のシャンパンからインスピレーションを受けた新しいビアスタイルで、強いホップフレーバーをもちながらも、非常にドライで苦味も軽やかなのが特徴です。

以前の麦芽のふくよかなコクを活かしたスタイルから、敢えてそれを削ぎ落としたドライなスタイルへと変更したことで、パイナップルのジューシーさが一層際立ったビールになりました。

パイナップルエール(発泡酒※)
※日本ではビールに果物を使用する場合、麦芽量の5%以内と決められています。このビールには麦芽量30%の果物を贅沢に使用しているため、ビールと表記が出来ず”発泡酒”となっています。麦芽率は高いので実際の税率はビールと同じです。

販売期間:2019年4月25日(木)~9月末 <夏季限定>
アルコール:5%
内容量:330ml
希望小売価格:460円(税別)

「パイナップルエール」取り扱い店舗

ボトル販売場所
当社オンラインショップ、京王百貨店新宿店、小田急ハルク、東急百貨店本店、横浜タカシマヤ、そごう大宮店ほか。

樽生提供場所(一例)
サンクトガーレン取扱いビアバーや、サンクトガーレン出店イベントでは樽生で楽しむことが出来ます。

2019年5月25日~26日にサザンビーチちがさきで行われる「湘南祭2019」にも出店する予定です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました