地元でアート散歩を楽しもう!藤沢市内のパブリックアートをまとめた冊子を無料配布

藤沢市アートスペースでは、市内に点在するパブリックアートの調査を2018年から開始。そしてこれまでの調査と活動についてまとめた冊子「あるいて。みつけて。ふじさわパブリックアート散歩」を刊行しました。

9月1日から藤沢市アートスペースと藤沢市民会館で配布を開始し、9月下旬から市内の各施設等にて無料で配布されます。

冊子では、実際に足を運びやすいよう、藤沢市を南部・駅周辺・北部1(西 側)・北部2(東側)に分けて紹介。作品設置場所がより分かりやすく伝わるよう、地図の詳細をQRコードで表示しています。

また、紙面は湘南在住のフォトグラファー・熊野淳司さんとイラストレーター・横山寛多さんによる写真とイラストを多数掲載。楽しく親しみやすい紙面となっています。

藤沢市アートスペースはこれまでに、専門家指導のもと作品を美しく蘇らせる「まちの彫刻ピカピカプロジェクト」や、展覧会「Fujisawa Art Re;public-藤沢で再発見!まちのアート探訪-」を実施しています。

遠方への外出がはばかられる今こそもっと地元を楽しみ、街を歩きながら藤沢のパブリックアートの魅力に触れて欲しいとのことです。

藤沢市アートスペース (愛称FAS)
所在地:神奈川県藤沢市辻堂神台 2-2-2 ココテラス湘南 6F
公式サイトhttps://www.city.fujisawa.kanagawa.jp/bunka/FAS/

画像・情報参照元:藤沢市

コメント

タイトルとURLをコピーしました